HOME>注目記事>目元の老化は想像以上に老けて見えます、治療やケアで若々しい印象を取り戻しましょう

目元の老化は老けて見えます

目元を触る人

年齢を重ねると体の色々な部位に変化が現れますが、中でも顔の老化は見た目の印象に大きく関わるので気になる方も多いでしょう。とくに目元のたるみは多くの女性男性が悩んでいる老化現象の一つです。老化により皮膚の水分やコラーゲンが失われたり、目周りの筋肉の動きが低下したりすることで、目元のたるみは発生します。目の下の皮膚は薄いのでとくにしわやたるみが目立ちやすいと言われています。具体的な改善方法としては、美容皮膚科や美容外科での治療があげられます。ヒアルロン酸を注入してしわを目立たなくする方法やメスを入れて切開する方法があります。自分のたるみの度合いなどに合わせて選ぶと良いでしょう。

気軽さならヒアルロン酸の注入

女性

日本では、いくらたるみが気になってもメスを入れることには抵抗があるという方も多いかもしれません。そういう方にはヒアルロン酸の注入がおすすめです。目の下にヒアルロン酸を注入しふっくらさせることで、たるみがなくなるだけでなく、くぼみや影がなくなりますのでクマやくすみも目立たなくなります。ヒアルロン酸の注入は施術後すぐにメイクができますしダウンタイムなども必要ないので、気楽にできる治療というところがメリットでしょう。

しっかり派には切開がおすすめ

注射を打つ

目の下のたるみは、加齢によって皮膚のハリが失われ眼窩脂肪の突出が目立ち始めることが原因の場合も多いです。よりしわが深くなり、老けて見えてしまいます。これを改善するには下まぶたの切開が有効です。下まぶたを切開し眼窩脂肪を取り除くことで目元がスッキリし、たるみがなくなりぐっと若返った印象になるのです。こちらはヒアルロン酸の注入などとは違う治療法ですので、術後に若干の腫れや内出血が起こることもありますが時間と共に薄れますので心配はいりません。

広告募集中